CHECK

初めて結婚式を挙げるなら!知っておきたいウエディングの基礎知識を解説します

ウエディング行う上で必要な基礎知識は、挙式には教会式・人前式・神前式・仏前式の4つのスタイルがあるということです。ウエディングスタイルの中で一番イメージのし易いチャペルのバージンロードを歩き、神父や牧師へ誓いを立てるのがキリスト教式・伝統のある白無垢を着て三三九度や玉串礼拝といった古式ゆかしい儀式を神社や神殿で行うのが神前式・宗派が無く、神に誓うのではなく出席した友人に誓う人前式・新興宗教などのお寺のご本尊の前で仏様やご先祖様へ契りを誓う仏前式があります。

様々なものがあるウエディング会場の種類

ウエディングに使用される会場は、カップルの好みや予算に合わせて選ぶことができます。おもな会場の種類としては、結婚式場やホテル、教会や庭園、さらにはレストランやレセプションホールなどを挙げることができます。これらの会場の種類の中でも、結婚式場は最もウエディングに最適化されたものでしょう。ウエディングのためにホールが用意され、ゲストの人数により選ぶことができるようになっています。ホテルでは宴会場やバンケットホールが使用可能で、充実した設備の中で式を楽しめるのが魅力です。神秘的な雰囲気の中で式をあげたいのであれば、教会がおすすめです。また、自然の光や空気を求めるカップルの場合は、庭園を利用することもできるようになっています。親しい友達や家族だけを呼んで小規模なウエディングをしたい場合には、レストランが使用されることもあります。美味しい食事を提供できるレストランは式を盛り上げ、ゲストにも喜ばれるはずです。

ウエディングにゲストを招待する理由とは

ウエディングでは新郎新婦が愛を誓い、新しい家庭を築くための第一歩を歩き出します。この重要な時間に招待されたゲストは、新郎新婦の人生にとって大切な時間をともに過ごすことになります。多くの場合は新郎新婦を祝福し、ウエディングを祝ってくれるでしょう。自分達の大切な瞬間にゲストを招待する理由の一つが、感謝の表現です。家族に加えて親しい友達や同僚、先輩などは新郎新婦の人生において特別な存在であり、彼らに感謝の気持ちを表すためにウエディングに招待します。招待を受けた側にとっても忘れることができない重要な体験になるはずです。また、伝統と文化に則って呼ばれることもあります。多くの文化や社会ではウエディングは特別な儀式であり、その際には親戚や友人などが招かれます。これは伝統に則って結婚を知らせる一方で、人間関係の強化にも役立ちます。新郎親父を中心に親しい人々が一堂に会することで、その絆と強めることが可能です。

ウエディングはどの季節にするのが良いのか

ウエディングに最適な季節は、カップルの好みやライフスタイルによって大きく変わります。自分達の記念日にウエディングをしたい、あるいはお互いの日程が合う日でしか式をあげられないなどの例もあるでしょう。一般的にはお互いの好みや希望に合致している時期を選び、さらに結婚式をあげる地域や会場の特性を考慮することも大切です。自分達だけではなくゲストの都合も考慮に入れながら、理想的な季節を見つけることをおすすめします。例えば春であれば新緑や花が咲き誇り、気温が穏やかな中で式をあげることができます。夏は日差しが長いためアウトドアでのセレモニーやパーティが楽しめますし、秋は爽やかな気候の中で紅葉や景色を楽しむことも可能です。冬はロマンチックな雰囲気を満喫しながら、冬ならではのデコレーションに魅了を見つけることもできるようになっています。どの時期であってもそれぞれにメリットと魅力があるため、カップルが自分達で決めることが大切です。

ウエディングのご祝儀の金額の相場

親戚や友人、同僚のウエディングに出席する予定があるという方がいるかと思われます。2020年から新型コロナウイルスが流行したことで、ウエディングを見合わせていたり、規模を小さくすることが多かったのですが、現在は元通りの生活ができるようになったので問題ないです。久しぶりに親戚や学生時代の友人と会う機会になるので、招待されたのであれば出席することをおすすめします。 出席する際に考えなければいけないのはご祝儀です。友人であれば3万円から5万円、家族であれば5万円から10万円くらいが相場です。友人で10万円も渡すのはあまり評価できません。貰う方が気を遣ってしまうので、相場くらいの金額を包むようにしてください。逆に1万円しか包まないのは社会人として問題があります。ウエディングをするために多額のお金を使用しているので、1万しか包まないと悪い印象を持たれてしまう可能性が高いです。他にも友人が出席するのであれば、同じ金額を包むように打ち合わせしておくことが有効です。

ウエディングに適した服装の選び方

結婚式は新郎新婦の門出を祝う大切な大きなイベントです。そんな特別な日にふさわしいウエディングの服装を選ぶこときは、ゲストはどんなものを選べばいいのか悩むでしょう。まずはドレスコードを確認することです。ウエディングには、ドレスコードが指定されている場合があります。招待状やウェブサイトなどで確認するようにします。ドレスコードは「フォーマル」「セミフォーマル」「カジュアル」の3つ種類があります。フォーマルは黒やネイビーの正礼装のことです。男性はタキシード、女性はイブニングドレスが一般的です。セミフォーマルは、ダークスーツやワンピースの装いです。男性はスーツで女性はワンピースやパンツスタイルなどが多いです。カジュアルは、ジャケットやカーディガン、ワンピースやブラウスなどをコーディネートするとよいでしょう。男性はジャケットやカーディガン、シャツやポロシャツなどが最適です。ドレスコードが指定されていない場合は何を着て行くべきか悩むこともあるかも知れません。そんなときには新郎新婦の親族や上司などの参加者層、そして結婚式の会場や雰囲気を考慮してふさわしい正装を選びます。

ウエディングには様々な演出が取り入れられている

ウエディングは新郎新婦とゲストが一緒に過ごす一生に一度しかない特別な時間になります。そんな思い出の時間をより思い出深いものにするために、さまざまな演出を取り入れるカップルは多いようです。定番のものからユニークなものまで、色んな種類があります。定番のプランでは、ファーストバイトやキャンドルサービス、両家の顔合わせ、そして両親への手紙などです。これらのメニューは、結婚式の華やかさや感動を演出してくれるものです。ユニークなプランも人気を集めています。例えば、ドローンを使った空撮であったりプロジェクションマッピング、ゲスト参加型のゲームやクイズなどです。ユニークさは、新郎新婦の個性や想いを表現するのにベストです。会場も盛り上がりますし、雰囲気もぐんと良くなります。どんなメニューにするのかは新郎新婦の好みや趣味はもちろん、ゲストの年齢層や性別も考慮します。さらに、ウエディングの会場や予算も検討材料のひとつです。

国内でのウエディングの多くは和風か洋風のどちらか

日本国内で行われているウエディングの多くは、和風か洋風のいずれかに分けることができます。和風のウエディングでは新郎新婦が着物や和装を着て、神前式が挙げられることも多々あります。新郎新婦に合わせてゲストも和装で参加することがありますが、いずれの場合も伝統的な和の要素を取り入れるのが特徴でしょう。洋風ウエディングの特徴は、新婦によるウエディングドレスです。新郎も合わせてフロックコートなどの衣装を選ぶことが多く、晴れの姿を2人で披露することになります。洋風の結婚式では教会やセレモニーホールなどが使用され、庭園の挙式も一般的です。また、料理も洋風なことが多く、ゲストを楽しませてくれます。日本の結婚式では異なる文化やスタイルを柔軟に取り入れ、自分達の個性によりカスタマイズが行われます。和風か洋風かで迷った場合には、自分達の好みで決めることが大切です。2人の大切な記念日を飾る衣装は、長く記憶に残るはずです。

ウエディングでは挙式と披露宴をおこなうことが多い

ウエディングという言葉からは結婚式を連想することが多いですが、実際のウエディングは挙式と披露宴を合わせたことを指す場合がほとんどです。そのため、結婚式場は式を挙げる教会と披露宴会場が併設されていることが多く、同日に移動せず挙式と披露宴が行えるようになっています。 ウエディングでまず行われるのは挙式です。式場の教会に親族とゲストが集まり、神父による開会宣言のあとに新郎が登場し、父親が新婦とバージンロードを歩いて新郎の元までエスコートします。その後、聖書の朗読や誓いの言葉、指輪の交換などを経て結婚が成立すると閉式となり、新郎新婦が退場します。続いて行われるのが披露宴です。教会から披露宴会場に移動し、新郎新婦の入場から祝辞、ケーキ入刀や余興などが行われます。最後は新郎の謝辞で締められることが一般的で、ゲストは新郎新婦と仲人による送賓を受けて帰途につきます。こういった流れを一日で行うのがウエディングなのです。

ウエディングでゲストに振る舞う料理の内容

ウエディングで振る舞われる料理の内容は、カップルの好みや文化、地域の慣習などにより異なります。一般的にはコース料理が定番ですが、昨今ではカジュアルスタイルでの料理の提供も増えています。ウエディングによくあるコース料理では、まずはウェルカムドリンクと前菜から始まるのが通例です。ゲストが到着した際に提供されるウェルカムドリンクや小さな前菜には、シャンパンやフィンガーフードなどが提供されてます。前菜ではシーフードやサラダ、スープなどが中心です。季節の食材を利用した軽めの食材が出ることもあるでしょう。メインは魚料理と肉料理が選択肢となり、代表的なものとしては魚介のグリルやローストビーフ、鶏肉料理などが挙げられます。サイドディッシュには季節の野菜やポテトのグラタン、リゾットなどを含めることも可能です。デザートには一般的にウエディングケーキが振舞われますが、他にもフルーツやアイスクリーム、チーズケーキなどが提供されます。

宮崎のおすすめウエディングに関する情報サイト
ウエディングの基礎知識

結婚式といえば、バージンロードを歩いて指輪を交換するイメージが一番多いのではないでしょうか。結婚式のオープニングを飾る挙式は、女性の憧れがつまったメインイベントのひとつです。ウエディングの基礎知識として押さえておきたいのが、挙式のスタイルには種類があり、どんなスタイルの挙式を上げたいのかによってチャペル・ガーデン・神殿など行われる場所も変わってきます。自分たちがどんな結婚式をしたいのかを明確にしておくことが大切になります。

Search